日本のバスケで言いたい放題!

バスケットボールをこよなく愛するおじさんが高校・大学・Bリーグの選手やチームについて語ります。

MENU

【vsNZ】八村選手とファジーカス選手の賢さ

今更ニュージーランド戦を見終わりました。

 

「八村無双」という記事も見かけましたが、何だか否定をしたい気持ち半分(他の選手もいるぞ、という)と、

八村選手が更に上手くなりすぎて否定できない気持ちと半々、というところでしょうか。

 

八村選手の個人技も良かったのですが、大きく2つのポイントがあったと思っています。

 

1つ目は、八村選手とファジーカス選手の連携です。

 

3Qに、八村選手がハイポストに上がって、ファジーカス選手が逆サイドから飛び込んだシーンが印象的でした。

1Qの最初の得点シーンも少し似てて、八村選手が逆サイドから飛び込んでゴール下を決めています。(これはファジーカス選手が直接は絡んでないですが)

 

どちらの選手も、アウトサイドもできるかつ、スペーシングが上手いので、もう片方の選手がゴール下のスペースを広く使えるんだなと。

 

また、比江島選手は積極的にインサイドにスクリーンをかけて、飛び込ませるような動きをさせるので

地味に良いなと思いました。

 

2つ目は、ピックアンドロールです。

 

これは、田中選手や比江島選手の賢さも光ったなと。

 

通常ピックアンドロールでは、ゴール下へのタッチダウンパスを狙いたい(序盤は何個かありました)ですが、

まぁニュージーランドもうまいし、大きいので簡単に割り込めません。

 

なので、日本は今回スイッチだけさせて、また八村選手やファジーカス選手にポストアップさせるという

動きが多かったです。

 

無理にガードプレーヤーが突っ込むと、ターンオーバーも起こるので、相手のビッグマンがスクリーンの対応のためにチェンジした際に、引きつけて、比較的ゴールから遠くても良いのでとりあえずミスマッチを作るという動きが良かったと思います。

 

八村選手のポストアップも正マークマン意外と対峙したシーンも多かったですね。

 

この辺り、無理に1on1に固執せず、オフェンスが上手くいった要因だと思います。

 

これに渡邊選手と富樫選手ですか、、楽しみですね。

安藤選手とベンドラメ選手の活躍も個人的には非常に嬉しかったので、私得な試合でした。

 

ちょっと短いですが、また更新したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

変わらない福岡第一のバスケ

福岡第一がインターハイ優勝しましたね、おめでとうございます。

(そもそも、情報が遅くて恐縮ですが、最近ようやくフルで拝見しました)

 

まぁ河村選手がうまいというのもあるんですが、本当に福岡第一のバスケットは見ていて面白いなぁと。

控えのプレーヤーが後半出てきても、同じようにスピーディーなバスケットをするんですよね。

 

今回は面白いかは主観なのでさておき、あのスピード感のあるバスケットが変わらず福岡第一の強みであり続けることが、なんだか素晴らしい気がしました。

 

プロのチームでも、1人の選手が抜けると大きくチームの戦術が変わることもあります。

ましてや、高校生は地理的な要因もあるので選手の選択も限られますし、ほぼ2年半しかチームに所属できないので、チームとしてのカラーを継続して出すのは困難だと思っています。

 

ただ、福岡第一のバスケットは、根っこの部分では並里選手がいた時も、玉井選手がいた時も、重富兄弟がいた時も変わってないよなと。

留学生プレーヤーが日本人プレーヤーに劣らずとも頑張って速攻を走ったり、悔しがったりする場面も変わらない気がします。

(一部異なる時期もありましたが、笑)

 

 

 

話は変わって、ビジネスの話で、結構何十年か前にグローバル化が叫ばれた際に流行りにのって海外展開したり、儲からないからといって、今まで培った事業を切り捨てた企業って今結構苦しいですよね。

それで、意外とここ数年は地道にコアの事業を育ててきた企業が安定したりしてます。

(景気的に見えにくいかもしれませんが)

 

何だか、一時期福岡大濠が表に出て苦しんでいた時期を見ているので、そんなスタンスを崩さず、今結果を出している福岡第一を見ると何だか嬉しい、というかスゴイなぁと感じますね。

 

また、国体やウィンターカップも楽しみにしたいと思います。

とりあえず、お盆休みをもらえたのでバスケット情報にキャッチアップしたいと思う長期休み初日でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

SEMI FINAL予想 栃木は千葉に勝てない気がする

お久しぶりです。前回の記事の書き出しも「お久しぶりです」と始まった気がしますが、気にせず行きましょう。

今シーズンは後半2ヶ月くらいはあまりゲームを見れてなかったのですが、このGWでハイライトを中心にキャッチアップ(?)してきました。

正直全て見てるわけではないので、昨シーズンより考察が甘いかもしれませんが明日から始まるセミファイナルの予想でもしたいと思います。

 

今回は一部「事実上のファイナル」と言われている千葉vs栃木をピックアップしたいと思います。

 

結論からいうと、千葉が勝つんじゃないかなと。

 

一番大きい理由は富樫選手が止められないからです。

 

スタッツ上は大きな変化がないのですが、今シーズンは特に後半、調子が良いように感じます。

というか、富樫選手くらいだと、毎年スタッツが落ちてないというのが、富樫選手自身がレベルアップしてる証拠かなと(当然周囲の対策のレベルは上がるので、、)

3pやフローターももちろんですが、パーカー選手やエドワーズ選手とのアリウープも冴えています。

前回の富山戦なんか、ピック&ロールからの展開が全く止めれてなかったというのが印象です。

 

栃木はDFが良いので問題ないのでは?と思う方も多いと思いますが、一言でDF力といっても、個人の力が強いパターンと、チームとしてのDFが良いという2つあると思っています。

 

栃木は後者だと思っているので、千葉のようなある程度富樫選手がワンマン的に点を取ってくると(かつ調子が良いとなると)かなり厳しいと思います。外からボコボコ決められてしまうと、もはやチームDFの余地もないという状況に。

 

昨年のファイナルでは東京が千葉を下しましたが、あの時は安藤選手・小島選手がかなりタイトに付いてうまく抑えていました。しかし、栃木はDFの俊敏さという観点では東京には劣ると思うので、昨年と同様の形にはならないのかなと。

 

その他に千葉が勝つと思う理由は、単純に千葉のインサイド陣のOF力が高いからです。

 

これも富樫選手が止めれないケースと同じなのですが、栃木からすると「普通に1on1で止めれない」という状況が一番嫌なんじゃないかなと思います。

ある意味対策出来ないですからね。

 

特にエドワーズ選手とダンカン選手は個人技がうまいので(特にエドワーズがめちゃくちゃ強くなってるイメージ)栃木からすると警戒ポイントだとは思います。

 

とはいえ富樫選手のアウトサイドが不調となると、総合力という観点では栃木が上だと思うので、結果はまだまだわかりません。

ただ、富樫選手は勝負強いですし、「不調」というのはありえないかなと思います。

直近のオールジャパンの決勝が思い出されますね。。

 

栃木の打ち手としては、田臥選手や渡邊選手がつくよりも、遠藤選手や鵤選手がかなりフィジカルに守って欲しいなと思います。

フェイスガードで、ボディチェックをかなり厳しく(ファールも恐れず)行えば富樫選手は嫌なんじゃないかなと思ったり。

あと、個人的には比江島選手の個人技にも期待したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

また時間を見つけて更新してくので、どうぞお願いします。

 

 

 

 

 

 

千葉ジェッツのピック&ロールへの対応の幅広さ

お久しぶりぶりです、最近転職活動をしていたこともあってブログを更新出来ていませんでした。

ただ、比江島選手も日本に帰ってきたこともあって栃木戦は比較的チェックしていました。

 

そして、直近の印象深い試合が2/2 2/3の栃木vs千葉ですね。

結果は一勝一敗でしたが、まぁレベル高いです。

 

40戦近く戦って千葉は6敗、栃木は8敗しかしていないです。(2109/02/10時点)

最近調子を上げてきた東京も東地区で3位ですから、この東地区のレベルの高さはちょっと他のチームからすれば笑えないレベルではないでしょうか。

 

ここで注目したいのが、千葉のピック&ロールの上手さ。

 

まず、他のチームと最も違うのが富樫選手の存在です。

他の選手だとワンテンポ遅れてチェックに入っても確率が低いorシュートセットに時間がかかるので打ち切れないという場合が多いです。

 

けれど、富樫選手はスクリーンにかかり、インサイドプレーヤーのショウアップが遅れると僅かな時間で打ち切ります。

そして、確率が異常に高い。

オールジャパンの劇的なブザービーターは記憶に新しいですが、シーズン後半になって調子を上げてきた気がします、全部見ていないので印象論ですが。

 

当然、相手チームは富樫選手をノーマークにしないように、そもそもボールを持たせないかスクリーナーのDF(大体インサイドプレーヤー)が間合いを詰めます。

 

結構富樫選手は高め(リングから離れてハーフライン付近)でピックを使うことが多いので、上手くショウアップすれば富樫選手を挟むトラップとなります。

 

ただ、そこは千葉のチーム力が勝ります。

スクリーナーが開く(ピックの後のロール)前に他のプレーヤーが富樫選手がパスを出しやすい場所に移動して一度パスを受けて、ノーマークとなっているスクリーナーにタッチダウンパスを送ります。

 

栃木は結構これで、富樫選手→パーカー選手→エドワード選手という連携にやられていました。

2/2の4Pはほとんどこのパターンから崩されていた印象です。

 

ロシター選手が富樫選手を詰めるんですが、上手くギブズ選手のマークマンであるパーカー選手が中継役になるんですよね。

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20190210121629p:image

ロシター選手が富樫選手を警戒する

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20190210121635p:image

 

富樫選手はダブルチームに挟まれるのを察すると他のパスコースを探す。

同時にパーカー選手も中継役になるべく富樫選手の視野の範囲に移動。

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20190210121643p:image

その間にスクリーナーのエドワーズ選手はリングにダイブ。

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20190210121649p:image

 

ヘルプに寄るが、ギブス・ロシター選手は外に釣り出されているのでミスマッチが起こる。

仮に止めても両サイドにはシューター陣がいる。

 

 

こんな感じです。

ここで肝なのは、中継役をインサイドプレーヤーであるパーカー選手が担うという点です。

 

インサイドプレーヤーが中継役になるメリットは

 

単純にディナイが厳しくないのでパスを受けやすい。

スクリーナー(エドワーズ選手)がダイブした際にヘルプが来てもミスマッチになる

 

という部分です。

この中継役を石井選手や西村選手が担うシーンがありましたが、これは栃木が上手くディナイをしていました。

3/3の比江島選手のスティールからダンクなんて、この中継へのパスを完全に読んでいましたね。

 

いや〜千葉強いですね、栃木も強いですが。

栃木の方がチーム全員の総合力は高いですが、千葉の方が富樫選手を中心とした連携や安定感はある気がします。

 

これからもちょこちょこ更新していきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

【桜丘 富永啓生選手】シュートセレクションの善し悪しに言いたい放題

ウィンターカップは終わってしまいましたが、平日開催ということもありじっくり見れなかったので年末YoutubeやバスケットLiveを漁りながらプレーを見返しています。

 

福岡第一については少し記事も書いたのですが、やはり桜丘の富永選手の存在は際立っています。

個人的にあのプレースタイルは好き嫌いが分かれると思いますが、なんとなくコート上の動きを目で追ってしまいますね。

 

今回は、富永選手のプレースタイルについて少し言及したいと思います。

 

というのも結果として平均39.8得点を叩き出しましたが、「一般的には」(=富永選手の異常なシュート力を考慮しなければ)あのプレースタイルは賛否が分かれると思います。

人によっては「レベルが上がれば通用しない」だったり「シュートセレクションが悪い、周りが見えていない」というコメントも当然出てくるだろうなぁと。

 

ただ、私は2012-2013年の桜丘高校のバスケットが非常に好きだったので、あの富永選手のプレースタイルは勝利を最優先した結果の監督やチームの最善策だったんだろうなぁと思っています。

 

高校バスケファンの方は記憶に新しいかもしれませんが、2012-2013年の桜丘高校のバスケットは「チームオフェンス」を極めたチームでしたね。

 

ウィングにでオフボールの2on2→フレアスクリーンやカールカットというプレーが非常に上手かった記憶があります。

 

確かに留学生センターでモッチ・ラミンという選手はいましたが他の日本人選手は決して運動能力が高い選手はいませんでした。

 (巧く、賢い選手は多かったですが。)

 

↓東山には当時2年生だった岡田選手もいますね。

www.youtube.com

 

 そんな桜丘が何年か後にこんな派手なバスケをしているもんだから、少しびっくりしましたが、それは富永選手という絶対的なスコアラーがいたからなんですね。

 

おそらく、フェイスガードを常時受けている富永選手がタフショットを打つ確率の方が他の選手にシュートを打たせるより確率が高いと踏んだんでしょう。

 

というか、仮に富永選手がボールを持ちすぎる方が弱いとしても、あんなシステマティックなバスケットをする監督が、そんなプレーを許す理由がないと思います。

 

実際そうだったので。

ただ、富永選手はノーマークの選手を探す視野も良かったですし、藤田選手など良いシューターもいたので何だかんだチームオフェンスが機能していた気もします。

 

 他の選手も良い意味で割り切っていたんだと思いますが。

 

勝負事ですから、仕方ないですよね。

 

以上、雑多ですが独り言でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

【祝・WC2018優勝】2018年の福岡第一はDFの気魄が違った、気がする

福岡第一が優勝しました。

 

大会を通して、また決勝も試合を通して余裕をもっての優勝だったなぁという印象。

 

そもそも、他のチームが「ベスト4」だったり「優勝」を目指す中、いかに圧勝するか、大濠戦より点差を離して勝つかに焦点を置いている時点で少し視座が違ったのかなと。

 

正直、他のチームとはDFの圧力とそこからの速攻のバリエーション(河村選手のパスが独創的かつ正確!)が1つか2つはレベルが違ってました。

また、40分間やり続ける脚力も例年通りさすがだなぁと。

 

第一のこの辺りの強さは以前に記事を書いていますね。

www.basketball-iitaihoudai.com

 

そんな圧倒的実力差で優勝した今年の福岡第一ですが、個人のスキルでいうと例年と比較して圧倒的かというと「微妙」という感想もあったりします。

 

実際に、ハーフコートバスケットではリズムが悪い時間帯も多かったり。

 

PGでいうと、河村選手は確かに異次元ですが並里選手の高校時代のインパクトも相当でしたし重富兄弟の変形自在さも抜けていました。

 

スコアラーでいうと、松崎選手と比較しても過去の玉井選手や狩野選手、長島エマニエル選手といった歴代スコアラーも負けていません。

 

個人的に見ているワクワク感でいうと、歴代スコアラーの方がありましたね。

松崎選手はしれっと20点取ってるのでスコアをみて「おぉ」となります。笑

 

 

もっと差があるのはセンターの部分で、外国人選手だと歴代のイブラヒマ選手辺りとスティーブ選手だと、1on1では全く歯が立たないと思います。

 

ただ、間違いなく今年の福岡第一は歴代トップクラスで強いと思います。

(実際この得点差で優勝したのは初めてでしょう)

 

この理由を考えるに、やっぱりDFだろうと。

 

例年速攻は上手いのですが、やっぱり良いDFがないと速攻は繋がりません。

 

逆にいうなら、福岡第一に速攻を出されたくなければ「良いシュート」でOFを終える必要があります。

 

準決勝に見せたオールコートプレスももちろんですが、今年は一段とDFが激しかったですね。

 

「1on1のDFが上手い」ということではなく、ローテーションだったりディナイという脚力や気力に影響するところが強かったと思います。

 

2016年の重富兄弟の代もインターハイ決勝のように「走りだせれば」圧倒的に強いのですが、DFがはまらないと走り出せないですね。

(東山の岡田選手のOFが良かったのもありますが)

 

ということで、「たられば」ですが中部第一は確率が少し下がっても4番の中村選手のミスマッチを活かしてひたすらポストアップ→寄ればパスアウトを繰り返せばもう少し違った結果になっていたのかなと。

 

少なくともフリーに近いシュートで終わればセーフティーに何人か残れるので。

ごちゃごちゃした状態でターンオーバーになれば福岡第一の独壇場でしたね。

 

とはいえ、桜丘の冨永選手が凄かったり楽しいウィンターカップでした。

彼らの大学での活躍も楽しみですね。

(河村・小川選手はまだ2年ですが、、)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

【vsカタール戦】田中大貴選手のPG論について言いたい放題

 

「ファジーカス選手、さすが」という記事に続き、カタール戦の感想を兼ねてもう1記事書きたいと思います。

 

ポイントガードを務めた田中大貴、堅守からの速攻で日本代表を逆転勝利へと導く | Basket Count/バスケット・カウント

 

こんな記事や関連したツイートも多かった通り、実際富樫選手の怪我・篠山選手のファールトラブルで田中選手が後半はPGを務め、見事点差を離しました。

 

ちょっとこの辺りについて思うことを書いていきたいと思います。

 

 

 

田中大貴選手は代表のPGが出来るのか?

 

この質問について個人的な感想は「1試合じゃ分からない。出来るかもしれないし出来ないかもしれない」という意見です。

 

というのも、今回の勝因は3Pのファストブレイク連発だと思うのですが田中選手のPGが機能した、というよりはカタールの選手のOFが非常に単発になり、優位な状態でトランディションを始めることが出来たからだと思っています。

 

今回のカタール戦は富樫選手や京都の伊藤選手のようなPGとしての展開の速さや玉離れの良さが求められるレベルじゃなかったのかなと。

 

過去にもPGの大型化をテーマに記事を書いたのですが

 

・PGが出来る=ハンドリングが良いではない、経験が必要

・PGが出来る大型選手はSG/SFとして優秀なので勝敗を考えるとPGとして使いにくい

 

という内容でした。

(中村太一選手のPGについても書いてます)

www.basketball-iitaihoudai.com

 

 

この記事の内容でいうと、田中選手は間違いなくハンドリングが良く将来的な大型PGの候補なのですが、この1試合では測れないかなと。

(アルバルク戦でもちょこちょこやってますが、斎藤選手が出る時のほうが展開は速いと思います)

 

この「PGとしての経験」的な内容が知りたい方は、是非福岡第一の河村君を見て欲しいです。

 

www.youtube.com

 

結局リバウンドを取った時点でアウトナンバーだと、別にPGがいなくても速攻は成立すると思っています。(これがカタール戦の速攻のイメージ)

 

河村君は通常の状態から、自らのスピードやパスで結果的にアウトナンバーを作るのが上手いです。

 

もちろん高校と代表戦のレベルは違うといわれればそれまでですが。

(でも、昨日名古屋相手に7ASでしたよ)

 

そもそも、本来的なPGの機能は今の日本代表に必要なのか

 

少し否定的な内容に聞こえたかもしれないですが、田中大貴選手を1番ポジションに配置することは「アリ」だと思います。

 

理由は、八村・渡邊・ファジーカス選手といったインサイド陣の強化と馬場選手の成長です。

 

今までの日本代表は、「インサイドでは絶対に勝てないので、なんとかトランディションを頑張って速攻を出そう、じゃあPGはドリブルが早くて玉離れも良い人が欲しい」

 

という感じだったと思っています。

 

ただ、生粋のPGの起用はゲーム展開的には良いものの、DFでミスマッチが起こったりそもそも国際大会のレベルでは「日本が強みと思っているほどトランディションも優位じゃないので速攻が起こらない」ということが多々ありました。

 

という訳で

 

・ファジーカス選手1人がいればハーフコートバスケットでの得点も計算できる

・田中選手がウィングじゃなくても馬場選手の得点が計算できる

 

という条件があれば、確かにボール運びやパスがそこそこ出来てDFも上手い田中選手が1番ポジションをやるのは良いことじゃないかなと。

 

結局、チーム5人として強くあるのが目的なのであって

 

純粋なPGが入ることによるメリット<田中選手が1番を務めることで起こるメリット(特にDFの高さなど)

 

であれば良いと思っています。

 

もう1つ、条件が

 

ただ、現状だと田中選手がPGをやるには比江島選手とセットで出場が望ましいなと思います。

 

というのも、相手が強豪の場合は田中・馬場・古川選手のアウトサイドとかだと、バックコートでプレッシャーをかけられると少し怖いなという感じ。

 

まだ、田中選手は1.5番くらいの機能のイメージなので、同等以上のプレーが出来る比江島選手がいれば、2人が1.5番くらいで仲良く?出来るんじゃないかなと。

 

とはいえ、近々の試合は普通に富樫・篠山選手で臨むと思っています。

 

天地ほどレベルが違いますが、私もずっとSG/SFやっており、PGの難しさは多少なりともわかっているつもりです。

 

ピック&ロールは出来るんですが、3人目のDFがヘルプダウンに来るとターンオーバーが起こるんですよね、、

上手いPGは、そのヘルプダウンを察知してピックをかけたセンター以外のOFも視野に入ってるんです。(経験者は、分かると思います)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

関連記事もどうぞ~

 

福岡第一高校バスケ部の「速攻」が上手いの3つの理由 - 日本のバスケで言いたい放題!