日本のバスケで言いたい放題!

バスケットボールをこよなく愛するおじさんが高校・大学・Bリーグの選手やチームについて語ります。

MENU

バスケットLIVEをテレビ・大画面で見る3つの方法【Fire TVで見れる】

 

 いよいよ開幕しました、Bリーグ3年目。

 

もう皆さんの悩みは「今シーズンはBリーグの試合をどうやって見ようか!」というところにもあると思います。

 

アルバルク東京vs千葉ジェッツのファイナルが終わってから4ヶ月が経った事になりますね。

 

シーズンが終わった当初は次の開幕まで何をして暇を潰そうかと心配でしたが、代表戦がいい感じに盛り上がったせいかバスケロスにならずに済みました。

 

www.basketball-iitaihoudai.com

 

以前はDAZNやスカパーといったサービスの比較をしましたが、今回はバスケットLIVEに焦点を当てたいと思います。

 

ソフトバンクやワイモバイルユーザーなら無料であり、そうでなくとも月額498円という圧倒的なコスパを誇るバスケットLIVE。

 

唯一の悩みはそう、視聴端末がスマホとタブレットに限定されていることです。

 

私もバスケットLIVEユーザーなので当然、悩んでいました。

 

手軽に観れるというメリットはあるものの、やはり長時間見る場合は目の健康のためにもテレビなどの大画面で見たい。

 

また、誰かと一緒に観る際には特に画面が大きい方が好ましいですよね。

 

何種類かこの問題を解決する方法はありますので、バスケットLIVEをテレビや大画面で楽しむための方法を紹介したいと思います。

 

 

 

Fire TV・スマートTVのブラウザ経由で見る

 

これは盲点でした。

 

確かにバスケットLIVEはDAZNのようにアプリがありませんが、普通にブラウザから見ることは出来るんですね。

 

2018年中には専用のアプリも出るようですが、どうなんでしょうか。

というのも、アーリーカップでの接続障(銃声

 

通常のブラウザからバスケットLIVEに接続するだけなので、DAZNをテレビで見れる環境(WifiとFire Stick or スマートTV)があればテレビでバスケットLIVEを見ることは可能です。

 

Fire Stickは4,980円ですが、Amazon Primeや当然DAZNも見れるので満足度はかなり高いです。

 

DAZNが月額1890円でバスケットLIVEが498円なので、3ヶ月で4176円の差。

つまり、4ヶ月の間Bリーグを見るのであればバスケットLIVE+Fire Stickの方がお得ですね。

 

 

 

そして、Fire Stick自体のセットアップは簡単です。

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180922220410p:plain

 

ほんとにこれだけです。

 

そして、セットアップしてからの方法は以下の通り

 

①「Fire FOX」か「Silk Browzer」のアプリを選択する。

(私は、Silk Browzerをなんとなく使用しています)

 

ちなみにDAZNはこの段階でアプリから視聴できます。

(下画像のhulu やNHK WORLDと同じ並びにあります)

 

一ヶ月間無料なので、この時点でめんどくさい人は一度DAZNを試してみるのも良いかもしれません。

 

 DAZNを1ヶ月無料で体験する

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180922214655p:plain

Fire Stickのホーム画面からブラウザアプリを選択します


 

 

②検索欄で「バスケットLIVE」と入力する

 

音声入力は大体いらいらする結果になるのでオススメはしません。

私は「バスケットライブ」とテレビに優しく語り掛ける「バスケット内部」と、かつてのリーグ間抗争を思い出させR(銃声

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180922214356j:plain

リモコンだと少し手間ですが、以降ブックマークすれば問題なし

 

③検索エンジンからバスケットLIVEの公式HPに入る

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180922214401j:plain

スマホやPCから操作するのと全く同じです

 

④「今すぐ観戦スタート!」をクリックする

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180922214410j:plain

やっぱりテレビだと画面が大きいのでこの時点で迫力があります



⑤YahooプレミアムIDとパスワードでログインする

 

以上です。

 

簡単に言えばスマホやタブレットのブラウザからバスケットLIVEを見る操作をスマホではなくテレビから操作するかどうかの違いです。

 

文字入力の際など確かにスマホのような操作性はないですが一度ログインして、ブックマークすれば2回目以降観戦する際は特に苦労しないかと思います。

 

ミラーリングする

 

これは、無線でミラーリングする場合と有線でミラーリングする場合で必要なものが結構分かれます。

スマホでバスケットLIVEを立ち上げてその画面をテレビに共有(ミラーリング)するというものですが、試合観戦中もスマホでLINEやTwitterをしたいという方はあまりオススメできないかもしれません。

 

ただし、操作性は良いので環境があれば楽ではあります。

 

「Air Play」で無線ミラーリングをする場合

 

無線の場合テレビがApple TVである必要がありますが、Iphone⇔Apple TVのミラーリングは驚くほど簡単です。

 

ミラーリング対応のプロジェクターなんかもありますね。

私も持っていますが、試合中もLINEだったりスマホを触りたいときはあるので、出来ればFire StickやスマートTVのようにTV単独でBリーグの試合を見たいと思ってしまいます。

 

HDMIケーブルを使用して有線ミラーリングする場合

 

こちらは、Iphoneかスマートフォンによって端子は違いますが、以下のような製品でテレビのHDMI端子と接続する形になります。

 

 あまり有線はやりませんが、このHDMIケーブルが丈夫なので良かったです。

 モノにもよりますが、1000円はしないくらいです。

 

iphone/Ipadの世代によって、ケーブルの種類も変わってくると思いますので、購入の際はご注意下さい。

 

 まとめ「コスパ重視・ライトユーザーの方にはバスケットLIVEはおすすめ」

 

バスケットLIVEもDAZNも契約している私は正直DAZNで試合を見る機会が多いです。

DAZNはFIre Stickを使用すればアプリで簡単に見れるためです。

 

しかし、DAZNは一応月額2000円程度します。

「毎試合贔屓チームの試合を見るぜ!!」という方にとっては安いかもしれませんが、学生さんだったり、他の趣味も多いという方は1円でも節約したいはず。

 

また、「バスケは好きだが代表戦やたまに好きな選手がいる試合を見れたら」くらいのライトな方にとってもバスケットLIVEは非常に良心的ですよね。

 

ちなみに、ソフトバンクやワイモバイルユーザーなら無料で観れます。

ワイモバイルは普通に3大キャリアよりも料金が安いので、バスケットlIVE目的で乗り換えるのもありなのかな、と。

(ちなみに私はソフトバンクユーザーなので無料です。) 

バスケットLIVEだけでも十分安いですが。

→バスケットLIVEに加入する

 

是非バスケットLIVEとFire Stickなどで安く・大画面でBリーグを楽しんで頂ければと思います。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

【国内バスケ動画配信サービス比較】国内バスケ・Bリーグを見るなら「DAZN」と「バスケットLIVE」のどちらがおすすめなのか。

 

バスケットLIVEとDAZNを両方を2週間使ってみた感想。正直オススメはDAZNです。