日本のバスケで言いたい放題!

バスケットボールをこよなく愛するおじさんが高校・大学・Bリーグの選手やチームについて語ります。

MENU

高校バスケを語る【2010年インターハイとウィンターカップ編】

女子バスケのワールドカップも盛り上がっていますね。

正直、私は女子バスケはあまり見ないのですが、ニュースを見るとちらほら懐かしい名前が。

 

特に、町田選手という名前。

町田選手といえば、2010年の札幌山の手高校時代に国体含めて3連覇した際のエースガード。

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180926081218p:plain

 

私の中では宮崎早織選手と並んで、「上手いし可愛い~」と思った選手でした。

 

今日は高校バスケットボールの思い出を語るということで、男子メインになりますが町田選手が一世を風靡した2010年の代を語ってみたいと思います。

 

 

 

2010年インターハイ・ウィンターカップの上位入賞校

 

ここで優勝校など順位を簡単に振り返ってみましょう

 

インターハイ2010(沖縄)

 

優勝:八王子(東京)

準優勝:明成(宮城)

3位:東海大付属三(長野)

3位:京北(東京)

 

ウィンターカップ2010

 

優勝:北陸(福井)

準優勝:福岡第一(福岡)

3位:京北(東京)

4位:市立船橋(千葉)

 

ベスト4までですが、こんな感じです。

国体は福岡優勝で、京都が準優勝でしたね。

 

選手やチームを語る

 

個人的に2010年の世代トップ選手といえば、まず明成の安藤誓哉選手。

ウィンターはシェリフ・ソウ選手がいる沼津中央に下位回戦で敗退しましたが、インターハイではまさに「お化け」でした。(表現のキャパが。。)

 

シェリフ・ソウという高校バスケ界を沸かせた選手について

 

簡単に言えば「キレがすごい」という感じでシュートも本当に綺麗・落ちない。

インターハイ決勝では終盤に10連続得点とかで、観ている側も「すげー」の一言でした。

 

また、次点でガードでは京北の田渡選手(現横浜)と福岡第一の本間遼太郎選手(現金沢)です。

 

田渡選手は当時2年生だったのですが、1on1のスキルという意味では3年生含めてトップだったんじゃないかと。

 

また、この代の京北高校のバスケが非常に好きでした。

キャプテンの前川選手や皆川選手も印象深く、特にウィンターカップ3位決定戦はハイライトを見れば今でも涙腺が緩くなります。。笑

【2010年 京北高校】 多くの人に興奮と感動を与えた3つのワケ

 

www.youtube.com

 

また本間選手はプレーの精度や落ち着きが、もはやベテランプロ選手かという域でした。

安藤選手や田渡選手に並んで、会場内のプレーに対するどよめきが多いなと感じた選手です。

 

ウィンター優勝の北陸には、野本選手もいましたね。

野本選手は当時から中外関わらず得点を重ねており、間違いなくエースでした。

 

他に現在Bリーグで活躍している選手でいうと、ザック・バランスキー選手(当時東海大付属三)や笹山選手(当時洛南)でしょうか。

 

ただ、この代の洛南はチームとしてはあまり勝ち上がれなかったですよね。

 

岡山学芸館というチームにダリ選手という留学生プレーヤーがいて、話題になったりもしましたね。

(今はNBAでプレーしてるとか)

岡山学芸館高出身のM・ンドゥールがマブスと契約 | Sporting News

 

www.youtube.com

 

それほど、どこが優勝するか分からないほどいいチームが多かった代でした。

 

今度は2009年に戻るか2011年かはわかりませんが、また振り返ってみたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。