日本のバスケで言いたい放題!

バスケットボールをこよなく愛するおじさんが高校・大学・Bリーグの選手やチームについて語ります。

MENU

シェリフ・ソウという高校バスケ界を沸かせた選手について

 

おはようございます、唐突ですがシェリフ・ソウという選手について勝手にプレイバックしたいと思います。

 

なぜかはわかりませんが「シェリフ・ソウ選手って今何しているんだろう」と思ったのがきっかけです。

 

「そうですね」というフレーズを仕事で連呼していたのでそーれっとなってしまったのかもしれません。

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180921073500p:plain

 

高校バスケファンであれば「シェリフ・ソウ」という名前を聞いたことがあると思います。

静岡県の沼津中央高校に在籍し、その後は近畿大学に進学。

現在は豊通ファイティングイーグルス名古屋に所属しています。

 

f:id:Aki_Fukayamagi_1834:20180921070725p:plain

 

沼津中央のバスケットが好きだった

 

沼津中央高校が全国的に名を轟かせたのはウィンターカップ2010でした(2年時)。

 

実はシェリフ・ソウ選手が1年生の頃から選手を集め強化を始めていたそうなのですが、1年目の夏は全国大会に出場できず。

 

そこから徐々に強くなり、2年時のウィンターではベスト8に入り、3年時のインターハイ/ウィンターカップでは3位となっています。

 

沼津中央のバスケットは強かったです。

 

オフェンスはシェリフ・ソウ選手がインサイドで大活躍すると共に、数種類のゾーンディフェンスや、シェリフ・ソウ選手がいるにも関わらず全員がスクリーンアウトを怠りませんでした。

 

私が見た試合では、相手チームがシュートを打つたびに杉村監督が「スクリーンアウト!」と叫んでおり、素晴らしいチームだと思いました。

 

勝つために留学生プレーヤーを活用することを躊躇わず、かつ頼りすぎず日本人選手との連携も上手く取れているというチーム。

少し最近でいうと、モッチ・ラミン選手が2~3年だったころの桜丘高校のようなイメージです。

 

安藤選手・田渡選手との戦い

 

おそらく沼津中央が最も取り上げられたのは安藤選手(東京)率いる明成高校をウィンターカップ2010の下位回戦で破ったことでしょう。

 

当時安藤選手は3年で、明成高校はインターハイで準優勝でしたので非常に話題になりました。

 

そして3年時のウィンターカップでは田渡選手が率いる京北高校を破ってベスト4入りしています。(大濠にも勝ったので3位でした)

 

www.youtube.com

 

見ての通り、高さはもちろんですがシュートタッチが非常に柔らかく体の当て方も上手いです。

またPFとの合わせやPGとのピック&ロールの連携もバッチリでしたので正直これは止めれないな、という印象。

 

インターハイでは過去最強といわれたベンドラメ・バンバ世代の延岡が、ウィンターカップでは笠井・渡邊世代の尽誠学園が倒しましたが、外国人留学生ないしは渡邊選手のようなそれに準ずる高さを持つ選手がいないと当時の沼津中央を倒すのは至難の技だと思っています。

 

アウトサイド陣もフリーだとばっちり決めてくるんですよね。

 

ちなみに、県予選では現在秋田に移った成田正弘選手がいる藤枝明誠と試合をしていますが大差で沼津中央が勝利しました

 

 

www.youtube.com

 

近畿大学時代のプレーは何度か見たのですが、そもそも日本のリーグでプレーを続けていることも知りませんでした。

 

B2の試合も開幕したら見てみたいと思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

高校バスケは留学生がスタンダードになってきている今

シュートフォームが最も「綺麗」なのは安藤誓哉選手だと思う